病院

糖尿病は病院で治療しよう【血糖コントロールのプロ】

住み慣れた家で受ける医療

woman

医師や看護師は定期訪問

在宅医療は、入院施設ではなく人が住んでいる住居で医療サービスを受けるという特徴があります。そのため、患者は家族とともに生活することが可能となります。医師や看護師は定期的にその家に訪問し、家の中で診察・診断・治療などを行います。世田谷区は、閑静な住宅街が多く、また富裕層も多いことから在宅医療のニーズが高い地域です。住み慣れた家の中で、家族とともに日常生活を送りながら、質の高い医療を受けられるのが、世田谷区の在宅医療です。在宅医療を提供するクリニックの中には、クリニックに併設して入居施設を持っているところもあり、万が一の場合に医師や看護士が短時間でうかがうことができる環境を持っています。この場合は、施設在宅医療と呼ばれることがあります。

基盤のある地域が重要

自分の家族に、在宅医療を必要とする人がいる場合、在宅医療のクリニックの選び方においては、以下の工夫をすることが重要です。その一つは、その在宅医療クリニックが世田谷区に基盤を持っていることです。これが重要な理由は緊急対応があるためです。万が一の場合、訪問診療を担当する医師に緊急の連絡をしますが、その医師が世田谷区から離れた地域にいることが多い場合は、緊急の対応が難しくなります。世田谷区を中心に在宅医療を展開していれば、担当医師が世田谷区内にいる確率が高くなり、緊急対応が可能となります。もう一つ重要なのは、定期訪問で来るのが医師だけでなく看護師も同行していることです。在宅医療に必要な技術は非常に幅広く、一人の医師でそれらをすべてカバーするのは難しいためです。