病院

糖尿病は病院で治療しよう【血糖コントロールのプロ】

消化器疾患の治療

female

消化器疾患には、胃炎や胃潰瘍、腸炎などの病気がある。胃潰瘍をそのまま放置しておくと胃がんになる恐れがあるので、十分に注意することが必要である。腸炎も大腸がんの原因になるので注意する。大阪市平野区の内科の病院は、胃炎や腸炎などの消化器疾患の治療を得意としている。聴診器を使った聴診や触診だけでなく、超音波を使った検査や、最新鋭の胃カメラを使った精密検査が受けられる。胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器系のがんは、早期発見できると治すことができる。平野区の内科の病院ではがん検診を行っている。がん検診を受けることによって、消化器系のがんを早期発見することができる。平野区の内科はピロリ菌の検査や除去も行っている。ピロリ菌の除菌治療を受けることによって、胃がんや十二指腸がんを予防できる。

胃潰瘍や大腸ポリープなどの消化器疾患の治療は、以前は開腹手術を行うことが必要であった。医学の進歩により、最近は内視鏡を使って潰瘍やポリープを切除することが可能になっている。大阪市平野区の病院では、最新鋭の内視鏡を導入している。内視鏡を使用することによって、患者の肉体的な負担は大きく軽減され、楽に検査や治療が受けられる。内視鏡を使った検査や治療のほとんどは保険適用になるので、3割負担で消化器疾患の検査や治療ができる。平野区の病院では超音波検査も行われている。超音波検査はエコー検査とも呼ばれており、肝臓や胆のう、脾臓などを精密検査することができる。超音波検査を受けることによって消化器疾患を早期発見することができ、早期の完治につながる。